ゆとりSEは副業がしたい

【拡張機能】すべてを黒くする?Chrome拡張機能「Dark Reader」が強い

f:id:oichiki:20210217222116p:plain

ダークテーマ

最近は様々なサイトやアプリで「ダークテーマ」といったような、暗い配色にすることができることが多くなってきました。

しかし、ブラウザを使用して様々なサイトを利用する場合は、そのすべてがダークテーマ化されているわけではなく、対応している部分は結構限られていますよね。

ここ最近は常にリモートワークになり、PC前から全くといっていい程動かなくなった私としては、近距離でひたすらブルーライトを浴び続けている状態です。

そのせいなのか目の疲れが溜まり、瞼がピクピクと痙攣することが多くなりました。

そこで、ブラウザすべてを一括して暗くできれば幾分かましになるのでは?と考えたわけです。そしてタイトルにある「Dark Reader」にたどり着きました。

今回はこのChrome拡張機能の利用方法についてまとめていきます。

Dark Readerの追加

Dark Readerはchromeウェブストアから追加することができ、すぐに利用が可能です。ページは以下になります。
chrome.google.com
追加が完了したら、Dark Readerを有効化します。有効かは拡張機能の管理画面から行います。chrome右上のパズルのピースのようなアイコンから有効にするか、設定の拡張機能から有効にしてください。


Dark Readerの設定

Dark Readerの設定画面は以下のようになっています。

f:id:oichiki:20210217220740p:plain
Dark Reader


ブラウザ上のほぼすべてを暗くできるだけでなく、輝度・コントラスト・セピア・グレースケールをカスタマイズして使用することができます。

暗くしてしまうとかえって表示が見づらいサイトもあります。その場合は、サイトリストタブにあるブラックリストに、適用させたくないサイトを登録します。

ホワイトリストを利用すると逆に登録したサイトのみに適用されます。 この辺は各々の用途に合わせてご利用ください。

まとめ

Chrome拡張機能は他にも様々なものがあり、想像よりも数倍便利なものがゴロゴロ あります。しかも無料のものばかりです。

定期的にチェックしてよさそうなものがあれば、また取り上げたいと思います。